日本でもカジノ解禁を見込み学校が開設

今現在日本ではカジノは解禁されていませんが、今後統合型リゾートの開発によるカジノ解禁が検討されています。日本にはカジノが出来たとしても、日本人が遊ぶことが出来るかどうかは現段階では決まっていません。しかし、多くの統合型リゾートを導入している国では自国の国民に入場することを認めていません。自国の国民がギャンブル依存症になるなどの弊害を意識しての措置ではありますが、特に統合型リゾートでカジノを誘致すると、一大産業として爆発的に発展する可能性があります。特にマカオでは中国本土の富裕層が交遊に使うお金が既に本場ラスベガスを抜いていると言われています。もちろん、解禁となればそこで働く従業員を養成し、教育する必要があります。日本人でゲームのルールに精通している方はそれ程多くはありません。
今後カジノが日本でも解禁された際に備えて、日本でもディーラー養成学校が開校しています。もちろん、日本での就業を目指す方もいますが、日本人観光客の多い国では日本語が堪能なディーラーを求めていますので、海外での就業を視野に入れて学ぶ方もいらっしゃいます。海外のカジノホテルはもちろんのこと、豪華客船での乗船勤務など、自分の腕一つで世界中どこでも行ける職業です。また、トップクラスのディーラーになると、年収ももちろん桁違いの年収になってきます。基本給はもちろんのこと、チップも大きな収入になります。厳しい世界を勝ち抜き、自分の腕を磨いたディーラーは世界中で仕事が出来る上に高い収入を得ることも出来ます。今後日本の統合型リゾートでの勤務はもちろん、世界に羽ばたきたい方にとっては、魅力的な職業の一つになるでしょう。
また、インターネットが普及した現代では、わざわざ自分でテーブルまで行かなくてもオンラインでカジノを楽しむ方が急増しています。インターネットでオンラインライブを通して遊ぶスタイルが普及していますので、そのようなシステムが普及すればするほどディーラーは不足することが予想されています。特にアジア圏は急激な経済発展とともに富裕層や中間層が増えて行くことが予想されています。これまでは生活のことで精いっぱいだった方が収入に余裕が出来て、旅行やカジノで遊ぶ機会が増えることが考えられます。もちろん日本の統合型リゾートを見込んで日本の学校で勉強するのも一つの選択ですが、英語を学ぶ上でも、ニューヨークなどアメリカの学校へ行ってみるのも、就職の幅を広げることになるでしょう。自分の進路希望と合わせて考えましょう。