カジノの勝ち逃げは見極めの一歩

カジノでは勝ち逃げは勝ったときに勝負をやめてしまうことです。特に施設から出てしまうのがベストとされます。これはプレイ時間の短縮だけでなく負けを取り返そうとする。逆に最も受けようとする。といったことを防ぐ意味合いもあります。この方法はギャンブルの極意とさえ言われる手段です。その理由となるのはギャンブルはプレイ時間に比例して負ける率が高くなる「大数の法則」になってしまうので早期に打ち切ることが有利だからです。よって最高のカジノの勝ち逃げは一度プレイして勝利したら撤退することです。またカジノではプレイヤーが熱くなるとなかなか抜け出せなくなるのがよく起こり得ます。そこで勝ったらすぐやめると言うルールを持ってしっかり守ることでゲームやかけるお金に翻弄されないプレイスタイルになるので純粋にゲームを楽しめるポイントです。
カジノに限らずギャンブルの失敗の例として「幸運が続いてお金を儲けたのに、次に不運がまとめて連続して負債を抱えてしまった…」と言うのがよくあります。結論としては勝ち逃げをすればよかったのにゲームを見定めることができなかったため逆に損をしたと言うことになります。ギャンブルの上級者ともなれば勝ち額を大きく伸ばし負け額を小さくするといった戦略で勝ちやすくすることもできるようになります。しかし全くの素人はそんなことはできません。またプレイする事ではなくプレイの結果によるお金の方に執着があると勝ち負けで一喜一憂することになり正しい戦略を立てるどころか見極める事自体も難しくなるのがお金の怖いところです。億を超える金融資産を所持する富裕層・超富裕層のプレイヤーの中なら大金が動くのでつい目がくらみ逃げ時を失いがちです。
カジノで勝ち逃げをうまくやる方法は買ったらすぐやめるが基本です。それだけではなくギャンブルの負け額はすぐに取り戻そうとしない点が重要とされます。負けを取り返そうとするとさらなる負けが誘発されることが多いからです。すぐ勝ってさっと逃げをすることが最も最適なプレイスタイルです。それが最もできやすい方法として負けが続いてプレイヤーが抜けたところに入ると言う方法です。明確な理由ではありませんが前のプレイヤーが負け続けた途中で放棄したことでその分勝率が高くなる傾向になるからです。また逃げる場合はゲームに対してはなくてそのゲームを提供しているカジノから逃げることが重要です。ゲームをプレイするごとに手数料(ハウスエッジ)を取られているので点々とゲームを変え勝ったとしてもハウスエッジで収支がマイナスになるからです。