日本でのカジノ解禁をnhkが取り上げました

IR推進法が国会を通過し、日本にもいよいよカジノがやってくると、大変な話題になっています。どこに開設されるのか、いつから実現するかなど、並々ならぬ関心が持たれています。カジノを含むリゾート施設の整備がどれだけの経済効果をもたらすのか、多大の期待が寄せられています。片や、ギャンブル依存症が一層増えていくのではないか、あるいは、反社会的勢力の資金源となり、治安が悪化するのではないかとの不安の声も聞かれるところです。メディアでもこの問題には敏感で、テレビや新聞の特集でも頻繁に取り上げられるようになってきました。nhkでも、大阪でのIRの開業に向けての具体的な一連の動きを紹介する報道があり、大きな反響を呼びました。国民の間でも、IRに対する知識や情報が十分ではなく、単にカジノ施設のことだけを意味しているものと誤解しているケースは少なくありません。

nhkの放映では、シンガポールの事例も紹介されていました。2010年に2つのIRを開業したことで、観光客の増大とそれに伴う収入増によって、多大の経済効果を生み出した実績があります。そもそも、国土面積が狭く天然資源も乏しい同国では、経済発展のきっかけとなるものが少ないとの現実がありました。そこで、観光の活発化に着目いたしました。急速に経済力を付け始めてきた中国からの観光客を誘致するというのは、シンガポールにとっては経済伸長のためのまたとない好機にほかなりませんでした。従来はカジノは一切禁止されていた国でありましたが、その方針を180度変更して解禁することとなったのですから、国内での議論も相当に白熱したことは想像に難くありません。ともかくもIRを導入した結果、一人当たり GDPは2013年に世界第8位に達するなど、目覚ましい成果につながっています。
オンカジマニア「オンラインカジノで勝ち続ける人の性格(秘密の必勝法)」のお勧め記事はこちらで確認

また、nhkの番組では日本国内での自治体の誘致運動についても解説していました。日本のIRの計画に対して、大阪府が非常に前向きに取り組んでいます。建設を見込んでいるのは、大阪湾岸部の夢洲です。夢洲は、2008年の大阪オリンピックの招致を当て込んでいたのですが、結果的には成就せず、現在は有効活用されないままに、事実上の放置をされているという現実があります。IR施設として舞洲を利用することが前提で、大阪府は熱心に動いています。舞洲であれば、関西国際空港への交通アクセスも良好ですので、訪日観光客も訪れやすいというメリットがあります。また、大阪は東京に次ぐ日本第二の都市でありながら、経済面での停滞が懸念されているだけに、IRを推進することによる経済効果は非常に大きいものが期待されるところです。